車検、整備ならカーポート

後ろ側の修理

■板金塗装について

後ろ側の修理

後ろから衝突された車を修理する実例です。後部座席の裏辺りまで、変形がありました。
(H16.11.22作成)

 

まずは、バンパーやライト類を取り外した後、大きな変形の修正を行う粗出しという作業をフレーム修正器で行います。初めは、衝撃を受けた方向に引っ張ることで、全体的な修正をします。今回は修正量が大きいためリアガラスも外しています。

 

初めの荒だしで元の寸法に戻らなかった部分は、更に、部品を外しながら、規定の寸法に近づけて行きます。

 

同じように、部分的な修正をして、規定の寸法を出していきます。

 

はめ合いや寸法を確認して、新しい部品と交換していきます。
初めは、仮溶接して、バンパーやライト類も仮付けしてみて、全体の収まりがいいところまで寸法修正します。ちゃんと寸法が出てはめ合いもよくなれば、本溶接していきます。(写真はトランクの床。黒いところが新部品を本溶接したところ)

 

側面も新部品と交換します。このときには、ほぼ寸法はあっています。

 

同様に後ろ面も修正や本溶接交換しました。本溶接したあとも形状の微調整をしています。また、表面の傷や凹凸も必要があれば、パテで修正します。

 

形や表面の平滑さも出来たので、塗装の下準備をします。白い塗装は、錆び止め兼塗装の密着をよくするための下地剤です。

 

仕上げ前の状態です。

 

塗装をして、ガラスはめ込み、外装部品をつけると完了です。外からみても修理したとは思えない状態です。

お気軽にお問い合わせください TEL 04-7135-6350 千葉県柏市布施1239-3
10:00~18:00 日・祝祭日定休

PAGETOP
Copyright © カーポート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.